Fandom


(あらすじを書きました。I added the plot)
 
15行: 15行:
 
『'''不思議な町グラビティフォールズ'''』(ふしぎなまちグラビティフォールズ、原題:“'''Tourist Trapped'''”「ツアーリスト トラップド」)は、「[[怪奇ゾーン グラビティフォールズ]]」の最初のシーズンの最初のエピソードだ。これがディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの初演後に2012年6月15日に「[[レット・イット・シャイン]]」が、番組のシリーズプレビューとして放送させていた。
 
『'''不思議な町グラビティフォールズ'''』(ふしぎなまちグラビティフォールズ、原題:“'''Tourist Trapped'''”「ツアーリスト トラップド」)は、「[[怪奇ゾーン グラビティフォールズ]]」の最初のシーズンの最初のエピソードだ。これがディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの初演後に2012年6月15日に「[[レット・イット・シャイン]]」が、番組のシリーズプレビューとして放送させていた。
   
  +
=== あらすじ ===
  +
12才の双子ディッパーとメイベルはオレゴン州のグラビティフォールズという町に住むスタン大叔父さんのところへ夏休みの間預けられることになった。スタン大叔父さんは家をミステリーハウスという観光スポットにして、観光客相手にインチキ商売をしていた。ディッパーとメイベルの二人はこの家の屋根裏部屋に住むことになる。
  +
[[File:Mystery shack.jpg|thumb|251x251px|ミステリーハウス]]
  +
  +
ある日、スタン大叔父さんから看板を取り付ける仕事を押し付けられたディッパーは森へ入る。森の中の木の一つに釘を打とうとすると扉が開き、その中には謎の機械があった。ディッパーがその機械を動かすとすぐ近くの地面が開き、そこには表紙に「3」と書かれた古い本があった。中身を読むとそこにはグラビティフォールズにいるとされる不思議な生き物や現象について書かれていた。そしてあるページには「このグラビティフォールズでは誰も信用できない」という言葉が記されていた。
  +
  +
一方でメイベルはこれからデートに行く、と言い早速できたボーイフレンドをディッパーとスタン大叔父さんに紹介する。「ノーマン」と名乗る彼の不気味な風貌を見てディッパーは怪しむ。森で見つけた本を見るとノーマンの様子はゾンビの特徴に見事に当てはまっていた。驚いてスースに相談したディッパーは証拠集めに向かう。メイベルに忠告もするがメイベルは全くもって取り合わない。
  +
  +
デートに向かったメイベルはノーマンから「打ち明けることがある」と言われる。彼が吸血鬼であることを期待したメイベルだったが、なんと彼の正体は数人のノーム(小人)たちだった。新しい女王を探しているという彼らは自分たちと婚姻関係を結んでほしいとメイベルに言うが、メイベルは断る。その返事を聞いたノームたちはメイベルを連れ去る。
  +
  +
証拠集めで撮ったビデオを家で見返してたディッパーは、ノーマンが人間ではないことを示す映像を見つけてメイベルに危険が及ぶかもしれないと考え、ゴルフカートで探しに行く。するとメイベルがノームたちの住処でノームたちを振り切ろうとする姿を見つける。ディッパーはメイベルを助けて二人はゴルフカートで逃げていく。ノームたちは合体して大きな怪物となり二人を追いかけてくる。何とかミステリーハウスまで辿り着くがノームたちの怪物が追い付いてしまう。追い詰められた二人だがメイベルが落ち葉の送風機を使ってノームたちを追い払う。
  +
  +
力を合わせてノームを追い払った二人は仲直りをする。店に入った二人はスタン大叔父さんから「店の中にあるものから好きなものをやる」と言われる。ディッパーは松の木が書かれた青い帽子、メイベルはフックガンを手に入れる。
  +
  +
その夜、ディッパーは森で見つけた本の空いたページに自分の書き込みを加えた。
  +
  +
<gallery>
  +
  +
</gallery>
 
{{DEFAULTSORT:ふしきなまちくらひていふおるす}}
 
{{DEFAULTSORT:ふしきなまちくらひていふおるす}}
 
[[カテゴリ:エピソード]]
 
[[カテゴリ:エピソード]]

2017年11月19日 (日) 00:37に更新

警告!
この記事はネタバレを含んでいます!
不思議な町グラビティフォールズ
シーズン1、第1話
制作情報
作品番号 618G-107
原案
脚本 アレックス・ハーシュ
絵コンテ マット・ブレイリー
エリック・ファウンテン
マーク・ガルシア
アロンソ・ラミレス・ラモス
ニキ・ヤン
監督 ジョン・アオシマ
放送情報
初放送日 2012年6月15日
評価 3.4
国際日付
エピソード
前回
『未放送のパイロット』
次回
幻のモンスターを探せ!

不思議な町グラビティフォールズ』(ふしぎなまちグラビティフォールズ、原題:“Tourist Trapped”「ツアーリスト トラップド」)は、「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」の最初のシーズンの最初のエピソードだ。これがディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの初演後に2012年6月15日に「レット・イット・シャイン」が、番組のシリーズプレビューとして放送させていた。

あらすじ 編集

12才の双子ディッパーとメイベルはオレゴン州のグラビティフォールズという町に住むスタン大叔父さんのところへ夏休みの間預けられることになった。スタン大叔父さんは家をミステリーハウスという観光スポットにして、観光客相手にインチキ商売をしていた。ディッパーとメイベルの二人はこの家の屋根裏部屋に住むことになる。

Mystery shack

ミステリーハウス

ある日、スタン大叔父さんから看板を取り付ける仕事を押し付けられたディッパーは森へ入る。森の中の木の一つに釘を打とうとすると扉が開き、その中には謎の機械があった。ディッパーがその機械を動かすとすぐ近くの地面が開き、そこには表紙に「3」と書かれた古い本があった。中身を読むとそこにはグラビティフォールズにいるとされる不思議な生き物や現象について書かれていた。そしてあるページには「このグラビティフォールズでは誰も信用できない」という言葉が記されていた。

一方でメイベルはこれからデートに行く、と言い早速できたボーイフレンドをディッパーとスタン大叔父さんに紹介する。「ノーマン」と名乗る彼の不気味な風貌を見てディッパーは怪しむ。森で見つけた本を見るとノーマンの様子はゾンビの特徴に見事に当てはまっていた。驚いてスースに相談したディッパーは証拠集めに向かう。メイベルに忠告もするがメイベルは全くもって取り合わない。

デートに向かったメイベルはノーマンから「打ち明けることがある」と言われる。彼が吸血鬼であることを期待したメイベルだったが、なんと彼の正体は数人のノーム(小人)たちだった。新しい女王を探しているという彼らは自分たちと婚姻関係を結んでほしいとメイベルに言うが、メイベルは断る。その返事を聞いたノームたちはメイベルを連れ去る。

証拠集めで撮ったビデオを家で見返してたディッパーは、ノーマンが人間ではないことを示す映像を見つけてメイベルに危険が及ぶかもしれないと考え、ゴルフカートで探しに行く。するとメイベルがノームたちの住処でノームたちを振り切ろうとする姿を見つける。ディッパーはメイベルを助けて二人はゴルフカートで逃げていく。ノームたちは合体して大きな怪物となり二人を追いかけてくる。何とかミステリーハウスまで辿り着くがノームたちの怪物が追い付いてしまう。追い詰められた二人だがメイベルが落ち葉の送風機を使ってノームたちを追い払う。

力を合わせてノームを追い払った二人は仲直りをする。店に入った二人はスタン大叔父さんから「店の中にあるものから好きなものをやる」と言われる。ディッパーは松の木が書かれた青い帽子、メイベルはフックガンを手に入れる。

その夜、ディッパーは森で見つけた本の空いたページに自分の書き込みを加えた。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。