グラビティーフォールズ Wiki

編集中:

パシフィカノースウェスト

1
  • この編集を取り消す前に、以下の差分を確認してください。保存すると、この版での変更部分を取り消せます。 荒らし以外の編集を取り消す場合…
最新版 編集中の文章
12行: 12行:
 
9話ではよったんを見つけたメイベルを「メイベルが実の兄弟を見つけたわ」とからかった。その後諸事情により一時よったんはパシフィカの豚になってしまうが、最後はメイベルの豚になる。また、よったんの代わりに鶏を手に入れたらしく、ラストシーンで突かれていた。
 
9話ではよったんを見つけたメイベルを「メイベルが実の兄弟を見つけたわ」とからかった。その後諸事情により一時よったんはパシフィカの豚になってしまうが、最後はメイベルの豚になる。また、よったんの代わりに鶏を手に入れたらしく、ラストシーンで突かれていた。
   
15話ではビティフォールズに来ていた。(一瞬髪しか映らないが)
+
17話ではセヴラル・タイムのコンサに来ていた。
 
17話ではセヴラル・タイムズのコンサートに来ていた。
 
   
 
20話ではギデオンが盗撮したビデオの中で、メイベルの顔の写真に向かってダーツを投げていた。このようにシーズン1では主に悪役として登場する。
 
20話ではギデオンが盗撮したビデオの中で、メイベルの顔の写真に向かってダーツを投げていた。このようにシーズン1では主に悪役として登場する。
18行: 18行:
 
23話ではミニゴルフをしていたメイベルたちを、ぽっちゃり(スース)、年寄り(スタン)、みじめ(ディッパー)、歯の矯正(メイベル)と言って茶化し、8話での事件を「お金で無かったことにした」と得意げに言うが、そのお返しに切れたメイベルから「中身からっぽで漂白したブロンドヘアのセレブ気取り女!」と挑発される。自信満々にミニゴルフの勝負を受けて立つが、リリパティアンたちによって捕まり風車にかけられそうになる。その後メイベルに助けてもらい、協力してリリパティアンたちを撃退する。その後メイベルに「家まで送る」と言われ拒否するが雷が鳴ったので、しぶしぶ送ってもらう。車の中でメイベルにタコスを食べるか聞かれるが、「施し」は受けないといって拒否する。が、メイベルは「分けっこ」だと言って彼女に分け与えた。(後に彼女の家が大豪邸だと知ったディッパーが『タコス代もらえば良かった』とぼやく。)車を降りた後、「⦅今日は⦆楽しかったわ。」とほほ笑んで言った。このように、この回で彼女のメイベルに対する印象が変わったのである。
 
23話ではミニゴルフをしていたメイベルたちを、ぽっちゃり(スース)、年寄り(スタン)、みじめ(ディッパー)、歯の矯正(メイベル)と言って茶化し、8話での事件を「お金で無かったことにした」と得意げに言うが、そのお返しに切れたメイベルから「中身からっぽで漂白したブロンドヘアのセレブ気取り女!」と挑発される。自信満々にミニゴルフの勝負を受けて立つが、リリパティアンたちによって捕まり風車にかけられそうになる。その後メイベルに助けてもらい、協力してリリパティアンたちを撃退する。その後メイベルに「家まで送る」と言われ拒否するが雷が鳴ったので、しぶしぶ送ってもらう。車の中でメイベルにタコスを食べるか聞かれるが、「施し」は受けないといって拒否する。が、メイベルは「分けっこ」だと言って彼女に分け与えた。(後に彼女の家が大豪邸だと知ったディッパーが『タコス代もらえば良かった』とぼやく。)車を降りた後、「⦅今日は⦆楽しかったわ。」とほほ笑んで言った。このように、この回で彼女のメイベルに対する印象が変わったのである。
   
30話では家族がディッパーに、毎年恒例ノースウェスト家上流階級パーティーの前日に現れたノースウェスト家に代々伝わる幽霊退治を依頼する。が、彼らは幽霊の正体を知っており、本当は町の人たちをパーティーに呼べば幽霊の呪いは解けるのであるが、変わり者ばかりのグラビティフォールズ住人を呼びたくないノースウェスト家はディッパーを騙し幽霊退治をさせたのである。(パシフィカはディッパーを騙すのは嫌だったが、両親が怖くて逆らえなかった。)その後パシフィカは幽霊の呪いを解くため屋敷の門のゲートを開けようとするが、父親に止められる。が、「私はノースウェスト家の名誉を守るわ!」と、親に束縛されていた今までの自分の殻を破り親に逆らいゲートを開け放った。このようにシーズン2ではシーズン1からの心の変化がみられる。
+
30話では家族がディッパーに、毎年恒例ノースウェスト家上流階級パーティーの前日に現れたノースウェスト家に代々伝わる幽霊退治を依頼する。が、彼らは幽霊の正体を知っており、本当は町の人たちをパーティーに呼べば幽霊の呪いは解けるのであるが、変わり者ばかりのグラビティフォールズ住人を呼びたくないノースウェスト家はディッパーを騙し幽霊退治をさせたのである。(パシフィカはディッパーを騙すのは嫌だったが、両親が怖くて逆らえなかったのである。)その後幽霊の呪いを解くため屋敷の門のゲートを開けようとするが、父親に止められる。が、「私はノースウェスト家の名誉を守るわ!」と、親に束縛されていた今までの自分の殻を破り親に逆らいゲートを開け放った。このようにシーズン2ではシーズン1からの心の変化がみられる。
   
 
==パーソナリティ==
 
==パーソナリティ==
  エディタを読み込んでいます
下記は一般に利用されるウィキマークアップコードです。使用したいものをクリックすると編集ボックスにそれが出現します。

このテンプレートを編集

プレビュー

モバイル

PC